結婚相談所に登録している男性ってどんな人が多いの?

コメントは受け付けていません

30代から40代の大人の男性!

結婚相談所を最も多く利用している年代はどこなのか、知っていますか?答えは30代後半から40代なんですよ。俗にいう、アラフォーと呼ばれる年代の人たちです。男性と女性で年齢別の会員数の割合には多少の差がありますが、男女ともこの年代の会員が充実しています。社会人としてデビューして大分年月がたって経済的にも余裕が出て、職場でも一定以上の地位を担うようになった大人の男性が伴侶を求めて、結婚相談所を利用しているんですね。

高収入で大卒以上の男性

日本人の平均年収は410万と言われています。それでは結婚相談所の会員になっている男性たちはそれより高いのか低いのか、気になりますよね。会員の年収額で最も多いのが500万から699万円という層です。平均年収を大幅に上回っていることが分かりますね。年収1000万以上の人もそこそこいます。学歴ですが、大卒の人の割合がかなり高く、大学院まで進んだ人の割合も高いのが特徴です。高学歴で高収入の人が多いと判断してもいいかも!?

どんな職業についているの?

男性会員の職業で最も多いのがずばりサラリーマンです。サラリーマンに次いで多いのが、公務員や自営業の方々です。サラリーマンや公務員の人たちが多いという事で、堅実で経済水準も一定以上の位置にある、安定した生活を望んでいる女性からの需要を満たしてくれます。高ステータスの結婚相手を求める女性からの支持率が高い、医師や弁護士、パイロットなどの職業の人は上記の職業の人と比べると少なめですから、こういった人々を探すなら入会条件を高めに設定している所で探しましょう。

周りの友達も結婚して焦ってしまう、そんな年頃の人達にお勧めしたいのが結婚相談所です。そして、結婚相談所なら東京を選ぶのが良いでしょう。

作成者

ページトップへ戻る