必見!初めての結婚式見積書のチェック項目

コメントは受け付けていません

これって高いの?相場ってどれくらい?

大切な人と結婚が決まり、さて次は式場探し!とワクワク楽しい時期ですね。しかしブライダルフェアに参加して見積書をもらっても、この金額が相場なのかよく分からないものです。一般的に結婚式の金額は250万円~350万円と言われていますが、会場のグレードや立地条件などで金額は大きく異なりますので、あくまで参考程度だと思いましょう。また結婚式の予算は一般的に「場所代(チャペル・会場の使用料など)」と「サービス代(料理・演出など)」から成っており、この内、場所代はほとんど変更がありません。その為、サービス代の部分をどれだけこだわるかによって大きく予算が変わってきます。

まずはここ!見積書で最初に確認する項目

見積書をもらった時にまず確認したい項目は「料理」です。料理は複数のコースがあり料理のグレードが上がると金額も高くなります。一般的に最初の見積書では最も低い金額のコースで計算されていることが多いようです。例えばゲスト人数80人の場合、料理のコースが1000円高くなるだけで、全体の金額は80000円高くなります。一人あたり1000円の違いでも全体の値段で考えると大きな差になるので要注意です。その時に併せて、料理の内容もしっかり確認しておきましょう。予算を抑えるために低い金額のコースを選んでいて、実際は料理の内容が寂しいものだったということもあります。同様の事がドリンクでも言えますので、同じように金額と内容を確認しておいてくださいね。

どこまでこだわる?会場内の装飾や演出

人生で最高の1日にしたい!という思いからつい、あれもこれもと当日にやりたい事が増えてきます。特に専門式場やゲストハウスでの結婚式の場合、装飾・演出の自由度が高いのでどんどんイメージが膨らんできます。装飾は会場内のお花やフォトスポットなど、演出はフラワーシャワーやバルーンリリースなど結婚式でよく見る光景にも費用がかかっているのです。打ち合わせを進めていくと、結婚式の総額が大きいので、金銭感覚が鈍ってきます。手作りで用意できる装飾はないか、この演出は本当にしたい事なのかなど、冷静に考えながら選びましょう。理想の結婚式と予算のバランスを考えながら、パートナーともよく話し合って最高の1日をつくってくださいね。

結婚式の費用は、日程やゲストの人数、料理のコースなどによって、大きな差が出るため、相性の良いウェディングプランナーと念入りに相談をすることが大切です。

作成者

ページトップへ戻る